ブログみよみよ日記

国保なんとかしなければ!

カテゴリー:

 

今日はほんとうに寒かったですね

 雪降る中での訪問は寒かったけど、

 「すっごい期待してるよ!!」と言われ

 心はぽかぽかになりました

 ありがとうございます!

 昨日の話ですが、医療福祉問題研究会の定例会に参加。

 国民健康保険についての社会保障推進協議会 寺越さん

 からのお話でした。

 国民の4738万人、4~5割が加入している保険。

 しかし今、その19%の世帯が滞納している。

 石川では18.7%。

 金沢では12416世帯、19.2%が滞納していると言う現実。

 なぜか?

 理由は・・・

 ?他の健康保険に比べて高い!
  事業主負担がなく、
  協会けんぽに比べると2倍高いんです。

 ?加入者が、ご高齢、所得の低い方、病気の方が多い。

 ?低所得者ほど高くなる逆進制。

 ?さらに、この間の構造改革でリストラや不安定雇用の方々が
  国保加入となった。

 ?国庫負担金が減らされている。

 ※?~?のリスクがあるとわかっていたので、?の国からの補助が当てられて

 きたのに、26%近く減らされている。

 それがほとんど本人の保険料に加算されてきたのです。

 しかも、国保には傷病手当や出産手当も任意でしかなく、

 みなさん病気でも働いたり、出産ぎりぎりまでお仕事を

 されている。

 さらにひどいのは、保険料を滞納した場合に保険証が

 とりあげられ、資格証明書や短期保険証になること。

 これは「悪質滞納者の場合」という規定があるにも関わらず

 払えない方の事情を聴くこともなく取り上げている。

 さいたま市や広島市では面談を必ず行うことで、資格証明書が

 ゼロになったとのこと。

 悪質なんて人は実はほとんどいない。

 払いたくても払えないのが実情です。

 現に滞納者への制裁として、車のタイヤロックを行われた

 家族が一家無理心中をしたというニュースがありました・・

 このような国保の悲惨な現状を打開するために、

 もっと国庫負担分を増やすこと、資格証明者の発行をやめること

 収入のないお子さんへの負担をなくすことなどが求められます。

 この瞬間も、多くの方が保険料や医療費の高さに苦しみ

 受診ができなかったり控えたりしています。

 保険料が払えなかったら病院にもかかれないというのは、

 本来の皆保険制度の理念とは異なるはず。

 みなさんと声をあげて行きたいと思います。

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
Copyright © 2010 - 2018 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ All Right Reserved.