ブログみよみよ日記

ありがとう

カテゴリー:

本日は午前も午後も宣伝まわり。

主に方斉や長土塀、長町、片町などで行いました

演説のあと、聴いていてくれた方や近くのお店やお家にご挨拶

「共産党、いいことしとるんやからもっとアピールしんなんよ。」

「知り合いが保険証とられて、病院にも行けなくて困ってる。」

「若いのにえらいね。がんばって」と。

みなさんのご期待に応えられるようがんばります

そして、寒い中一緒にがんばってくれている方々ありがとうございます

宣伝の合間に、市民の会の、金沢市への予算要求に参加。

16項目の、医療・福祉・介護・保育について各分野から担当課長に申し入れしました。

市側のお応えとしては、「共産党さんの言いたいことはわかるのですが、

金沢の財政は厳しい、制度そのものに問題がある、自治体だけでは解決できない」

など話され、検討してみますと。

確かに、今の予算の枠組みではできない。

それを承知のうえで、こちらも要求しているんですよね

未だに空室が目立つ大きなビルをいくつも建てたり、

一部の企業しか使わないような道路を通したり。

市民のいのちやくらしが目に見えて脅かされている今

それらが本当に必要かどうか、考える時が来てるんです。

そして地域主権と言いつつ、国が地方に負担をおしつけてくるやり方にも

金沢市としても厳しく対応すべき。

今、子ども手当ての財源の一部が11年度以降、国から地方にうつされるという

国の方針が問題になっています。

川崎市や横浜市では、「国が決めたこと。全額、国が負担すべき」

と抗議を表明しています。

介護や保育、医療制度についても国はどんどん地方に負担を押し付けています。

このやり方に抗議し、かつ金沢市の財政についても税金のムダ使いをさせない。

見た目ばっかりいい金沢ではなく、中身がともなっている金沢を

めざしがんばります

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
© 2010 - 2020 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ