ブログみよみよ日記

初市場!

カテゴリー:

今日は、普段は行かない金沢市担当の施設をまわりました

赤旗新聞の集金のためです

市役所の外で働く行政や現場のみなさんとお話できるいい機会

金沢卸売り市場

守衛さんにとってもらいました

まるで港にいるように、魚屋さんや八百屋さんのトラックが走り、

威勢のいい声が聴こえてきます

現実から離れられる素敵な空間でした

近くの花き卸売り市場もはきれいでした。

他にも消防署や学校など、こんな機会でもなければ入れないところ

ばかりで、いい勉強になりました

これから庁舎内だけでなく、現場の声も聴かせていただきたいと思います

ところで、昨日は帰りが遅くなってUPできませんでしたが、

大事な集会に参加したんです。

「すべての肝炎患者の救済を求める会 石川結成の会」です。

全国センターは新潟にあり、事務局長は児玉義明さん(写真でお話されてる方)

です

児玉さん自身も、肝臓の難病により一時は命の危険もあったと言います。

肝移植によって一命をとりとめ、今は肝炎患者を救いたいという思いで

全国を飛び回りがんばっておられます

以下のことを掲げ全国で次々に会を結成しています。

児玉さんのお話で印象に残ったのは、

「肝炎になったのは皆さんの責任ではなく国の責任です。恥じることは

 ひとつもないんです。国が責任をとるべきなんです。」

お一人お一人からの相談に対しても、的確なアドバイスをされていました。

会場に来られた肝炎の方々も勇気をもって今回いらっしゃったと思います。

中には「夫が亡くなったけど、納得いかなくて・・・」と涙ながらに

訴える方や、「高くて辛い治療を受けてきた」と訴える方など、

みなさんのご苦労を目の当たりにしました

私も保健師として、健診で肝炎がみつかりインターフェロン治療になった方

や、経済的に大変で治療中断している方などに出会いました。

全ての肝炎患者さんが救われるよう私も政治の力で応援します

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
Copyright © 2010 - 2018 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ All Right Reserved.