ブログみよみよ日記

山野市長だけしばる条例?

カテゴリー:

ますさんと一緒に居残り、明日の準備

明日は議会最終日

市長自らの「多選自粛条例案」も「山野市長だけに限る」という内容の修正が入りました

でも市の条例で、一人の人間を縛っていいのかい?

しかも元々選挙に出ることは自由なのではないのかい?

山野さんも、長いことがんばった山出市長に選挙で勝ったじゃないですか!

という点で明らかに、おかしな条例案です

が、山野市長はマニフェストに掲げちゃったのでがんばっていらっしゃるんです・・・

さて採択どうなるか?

私は、「原子力発電所の安全対策の抜本的強化と原発ゼロ計画の策定を求める意見書」の提案理由を壇上で発言します!

きっと、「広田じゃねーがん!」とかヤジされるな・・・

いいもん(よくないけど)。構っても仕方ない

いずれ、ネット中継を実現させて、緊張感ある市議会にしていきます。

そして明日は「議会のあり方検討委員会」があります

私はひとつも口挟めないけど、ぜひ委員のみなさんには「旧姓使用」のルール化

を素早くお願いします。

まずは暫定的に「広田美代」を認めてください

気分転換に、うつのみやで興味深かったので買ってみました。

また、本日の市民福祉常任委員会では、

○・・広田質問  ●・・市側答弁

○消防分団員に配られる救命胴衣はないよりいいが、

 現地でずっと救助活動にあたって逃げ遅れるということがないことを

 前提に使用したらどうかという質問。

●津波がくる予定の15分前までには引き上げるマニュアル。

 消防団員の命も守りたいと思っている。

○金沢の災害時の心構えは「まず自助」ということだが、防災無線

 が聞こえずらい。地域のみなさん、私自身も感じています。

 そのようなお声があるのなら、どう対処するのか?

 別の手立てはあるのか?という質問。

●そのようなお声はいただいている。もう少し詳しく調査する

必要あると思っています。

また、聞こえなければ電話(つながらないと思うが・・・)

や「防災どっとこむ」というメールでのお知らせシステムが

あるので活用してほしい。

○かがとびはしご事故については、事故に遭われた方にはどのような補償が

 されているのか?

 安全対策検討委員会が開かれているということだが、結論が出るまで

 自粛は徹底してほしいという質問。

●消防団員公務災害共済というものがあり、今回の事故も認定された。

十分な補償をしていきたい。

団長には徹底して言ってあるので、自粛は守られるはず。

○えびす生肉問題については、金沢市内404軒の食肉扱うお店が

あり、9名の食品衛生監視員が立ち入り検査してるが足りてますか?

今日にでも市民のみなさんが、焼き肉やに行ってユッケがあったら

食べても大丈夫なんですか?

食中毒は食べた人だけでなく周囲の方にも感染するし、店で扱えば

ユッケ食べない方でもサラダで感染する可能性もあることなど

店に徹底しているのかな?という質問。

●監視員9名は有資格者なので、なかなか増やすのが難しいが、

無資格者の方をつけてペアで行ってもらってるから足りている。

生肉については、10月に国が新たな衛生基準を設けると思うが、

それまでは生肉は扱わないでと店には強く指導している。

2回目の委員会

もう緊張はしないけど、やっぱりまだまだ。

先輩議員さんのわかりやすく、説得力ある質問に圧倒されました

私も市民のみなさんの実情やお声が反映し、かつ説得力ある質問

ができるようがんばります

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
Copyright © 2010 - 2018 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ All Right Reserved.