ブログみよみよ日記

ただいま!

カテゴリー:

みなさん、観光交流都市協定ってご存知でしたか?

わたしは議会に入ってはじめて知ったのですが、歴史や文化など

でゆかりがあったり、交通面でつながっていたりというような都市と

観光を通じて相互の交流を強めようというような協定です

金沢市は、東海北陸道でつながっている愛知県豊田市・岡崎市、岐阜県高山市

と協定を結んでいます

で、議会間の交流に行ってきました

わたしは豊田と岡崎へ

バスで行ったのですが、時間がもったいないので車中ではこれを熟読

22年度決算委員会に向けて準備です

まずは豊田市入り。

みなさんご存知の通り、かの有名なトヨタのまさに企業城下町

人口の半分がトヨタやトヨタ関連の会社にお勤め。

世帯の8割がトヨタに依存しているとのこと。

「トヨタ町」なんていう地名もありました

まずは豊田市立美術館を視察

お茶席でご説明をしていただいただきました

総建築費123億円

所蔵品も有名なものばかりで、現代美術館としてはすごいところらしいです。

見ておわかりの方おいでるでしょうか?

金沢の鈴木大拙館を設計した谷口吉生さんの作品なんです。

中もおもしろい。

ですが、高台のやや市街から隔たった場所にあることなどから

思ったより集客ができずいろいろ対策を立てていらっしゃるようです

その点、21世紀美術館は年間120~150万集客。

街中にあり誰もが気軽に立ち寄れ、市民参加のイベントなどもある。

けれど美術館としては国際的にも注目されているほどレベルが高いという

ことが魅力でしょうか

でも、豊田市立美術館も静かに現代美術に浸るにはもってこいですし、

なにかイベント的に使うにも、駐車場もあるしたくさん人が入れるし

いいなと思います。

豊田市の議員さんとの懇談の中では、お互いの所蔵品を交換し合う案なども

出されました。

お互い、自分の美術館の魅力を十分に引き出し、市民のみなさんのためになる

運営ができるようにしていきたいものです

次の日は岡崎でしたが、午前中に議員さんと懇談。

「グレート家康公「葵」武将隊」のDVDを見せていただき、交流しました

徳川家康が岡崎出身なので、それにちなんで結成された町興しチームです。

詳しくはこちら

新たな税金ではなく、緊急雇用創出事業。

失業中で役者やダンサー志望の若い方々で成り立っています。

ただ、2011年度までの期間限定事業なのでどうなってしまうのか?と聞いたところ

市民からも人気があり、観光や経済効果もUPしているので来年度も延長がほぼ

決まったとのことです

観光都市交流って、相互に観光客を誘致しようということだと思うのですが、

実は豊田や岡崎行くのって初めてでした。

みなさんは行かれたことありますか?

旅行会社さんのツアーなんかには反映されているのかもしれませんが、

せっかく協定まで結んでいるのですからもっと活性化させなきゃと思います。

そして、まずは旅行できる余裕を市民がもてることが大前提。

時間的にも経済的にも。

今後、市民税・消費税があがり、給料は下がるなんてことになれば旅行どころじゃないですよね

岡崎のあとはそのまま姫路へ「男女共同参画全国都市会議」に参加

作家の玉岡かおるさんのご講演では、主婦から作家さんになった

経緯や、「玉岡」は旧姓であり、ペンネームにするときには、ご主人やお姑

さんから「なんで○○(戸籍の名前)じゃだめなん?」と責められたとか・・・

分科会では、白井文さん(前尼崎市長)から、女性の管理職登用に

尽力したことや市民参画の行政改革に努力された経験をお聴きしました。

特に印象的だったのは、「議会とは正々堂々と表の議会だけで議論した」

ということ。だから、予算や議案もぎりぎりで可決されるか否決されたり

することが多かったと。でも、その分行政が手を抜かずしっかり考えて

市民が納得のいく予算や議案につくりあげていく。そうすることで、行政の

力量もアップするとのこと。

 どの自治体も、首長は議会で多数の与党から出ていることが多いので、

予算や議案が否決されたりすることなんて少ないんですよね。

石川や金沢はその典型です。

 白井さんは、そうでなく二元代表制をしっかり活かしたことがすごい。

この分科会では当然「金沢市議会旧姓問題」のことも発言。

「えぇ~!」という驚きの声が、あちこちから聞かれ、分科会終わりに

元宝ジェンヌの市議会議員さんが「胸中お察しします。わたしも大変なんです」

と寄ってきてくださいました。

議会は男社会。みなさんご苦労されているんですね。

最後のエクスカーションでは、姫路城と好古園を見学。

姫路城は改修中の貴重な姿が見れました。

2泊3日の強行ツアーでしたが、県外行くと金沢のいいところにもたくさん

気づかされるし、他都市を見習わなきゃということも。

そして私ももっと、勉強しなきゃ

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
Copyright © 2010 - 2018 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ All Right Reserved.