ブログみよみよ日記

グッバイ原発!

カテゴリー:

本日は午前中は、スーさんと街頭宣伝

6ヶ所ほどまわらさせていただきました

兼六園下では、観光客の方から手を振っていただき、

三口新町パレット前では、女子中学生のみなさんから「あー議員の人や」と

近寄ってきていただき、「覚えてますかー?」と

よく見ると、夏に同じ場所で宣伝したときに「議員なんだよー」とか

部活のことなど話した方々でした

今は中3ということで、部活も終わり3月の高校受験に向けてがんばっているとのこと

「大変だけどお互いがんばろうね」とエールを交換しました

かくいう今日はセンター試験

未だにその言葉を聞いただけで、お腹が痛くなるのですが、

本来「学ぶ」ということは楽しいことなのに、「受験戦争に勝つ」こと

ばかりに主眼が置かざるをえない現状は残念ですよね

「みんなが幸せになる世の中をつくる」ために、学ぶのだと思うのですが

今は自分がいかにこの世の中で生き残れるか、もうけられるかみたいなこと

ばかりが強調されていますよね

だからこそ、格差社会ができるのだと思いますが、今一度、自分が学べる環境にあること

や働ける環境にあることを、自分の努力の結果だけでもたらされてはいないことを

認識する必要があると思います。

そうすれば、たまたま自分の能力を高められたのならそれはなにに使うべきか?

おのずから答えが見えてくると思うのですが、どうでしょう。

こんなことをよく話すと、「がんばったら、あきらめなかったらなんでもできる!」

とか、「がんばった人が評価されなかったら、怠け者が増える」とか

言われます。

どうでしょうか?これこそ、国や集団をまとめるうえでの根本に関わる気がしますが

お金や地位で評価されるために勉強したり仕事したりするとしたら、本当の

「豊かさ」ではない気がしますし、行き着く先はどうなるのか。

自分や周りが幸せになるために勉強したり仕事をし、一人ひとりが大事にされる

社会がわたしは理想だなと思います

みなさんはどうでしょうか?

その点でいうと、原発は相反するところにありますね

一部の人や組織の利益追求のために研究開発され、国民から税金を吸い上げ

危険だということも隠し、いざ事故が起きても賠償責任もとらない。

苦しんでいる方がたくさん出ているのに輸出解禁し、再稼動を促す。

まさに本当の豊かさの対極にあるもので、絶対に許せません。

今日は「グッバイ原発」というアーティスト集団が主催のパレードに

少しでしたが参加

歌ったり踊ったりして、お子さんも参加できるスタイル。

原発反対であせる気持ちが「エイエイオー!」みたいなスタイルになりがち

ですが、市民が受け入れやすい原発運動の模索がはじまっています。

私たちも、なにか企画できないかと模索中です。

みなさんもいいアイディアがあればぜひお寄せください

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
© 2010 - 2020 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ