議会質問

2012年金沢市議会3月議会 一般質問(市長答弁)

カテゴリー:

広田美代市議が一般質問

社保協加盟団体などから18人が傍聴

 金沢市議会3月定例会の質問戦2日目、3月13日(火)に金沢社保協加盟の日本共産党から広田美代議員が登壇。①土砂災害対策、②「美しいまちづくり推進」条例、③国民健康保険、④子育て支援、⑤市営住宅について―の5点を質問しました。

 

■土砂災害対策について

広田市議「土砂災害対策工事には高額の地元負担があり、地元紙も「対策の遅れの一因」と報道。地元負担の軽減は急務だ」

山野市長「地元負担の一部を市で負担するなど、すでに軽減を図っている」

 

■「美しいまちづくり」条例

広田市議「市民に対する罰ではなく、違反しにくい環境を整え、基本理念の通り、気運を盛り上げることを優先すべきで、罰金は盛り込むな」

山野市長「実効性のある条例を作るべきと考え、罰則として科料徴収を行う」

 

■国民健康保険について

広田市議「国民健康保険は、国民皆保険制度を担う大切な社会保障制度だ。国保料の大幅引き上げではなく、誰にでも払える額にするべきだ」

山野市長「保険料の負担軽減をはかるため、一般会計から多額を繰り入れた」

 

■子育て支援について

広田市議「子どもの医療費助成拡充は市長の公約なのに、新年度予算案では前向きの改善がない。他都市は次々と対象年齢を拡げている」

山野市長「通院もできるだけ早く中3まで助成できるよう財源確保に努めたい」

 

■市営住宅について

広田市議「「地域主権改革」のもとで、住民の安全性や居住の権利を奪うことは許されない。本市は条例委任に向けて、どう対応するのか」

山野市長「入居者資格は現行の取り扱いを継続する旨の条例改正を提案した」

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
© 2010 - 2020 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ