ブログみよみよ日記

森住さんとピースウォーク☆

カテゴリー:

本日は毎年恒例のピースウォーク

午前はフォトジャーナリストの森住卓さんのお話を伺いました

写真や記事はよく目にしますが、直にお逢いしお話を聴くのは初めて

世界の核実験や原発事故のあとなど、多くの現場に足を運び、住民や被災者

の生活に寄り添い、お写真や言葉として私たちに伝えていらっしゃることが

よーくわかりました

福島にも震災直後に入られ1000μSv/hの場所に、住民がなにも知らずに戻って

来られている姿が動画として映し出されました。

酪農家の方々に密着取材をし、牛さんを処分する間際まで寄り添って撮られた、

酪農家のお父さんお母さんが涙する姿を映し出す写真は、原発への怒り悲しみ

虚しさ・・など全てが凝縮されていました。

自殺をされた方が最後に残したメッセージの写真も。

真実は残酷だけれど、それを報道する人間がいてされる側がいて、その関係性のもとで

成り立っている温かみを感じてしまうほどの、森住さんの想いが伝わってくるお写真

ばかり。

森住さん自身も涙で言葉をつまらせていましたし、会場中が真剣なまなざしを寄せ涙

していました。

私は・・・

核も原発も、企てる者と被害に遭う者と傍観する者などがいるけど、みんな同じ人間。

人間同士でなにをやってるんだろうって・・怒りを通り越したなんだかすごいものが

沸いていました。

最後に森住さん、「絶望ばかりではない。核や原発をなくそうとするこの力が希望だ」と。

そうだな・・原発つくってしまうのも人間だけど、止められるのも人間だし、それに

希望を見出していくのも人間なんだな・・・

この希望をもっともっと大きくして、核や原発で苦しんでいる方や被災地の方、まだ見ぬ

未来の私たちや子孫に届くようにがんばろう

この後は、希望を胸に元気よくピースウォーク

森住さんも参加されました!

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
Copyright © 2010 - 2018 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ All Right Reserved.