ブログみよみよ日記

今年最後の日

カテゴリー:

友よ なにを祈っているのだ・・

夜の主計町の神社にて

今日は市議会報告新春号の発送作業で大忙し

と思っていたら

自然災害の緊急メール

傾斜地で石組が崩れたそうです

すぐにかけつけましたが、人的な被害がなくひとまず ほっ

ただ、これからが大変そうです

そして、年末年始度外視で、市や消防さんらも対応なんだろうな

おつかれさまです

1時間半ほど様子見たり、ご近所の方や、行政・消防とお話してから

家に戻り、作業再開・・

家族総出で手伝っていただきましたけど日付超え

しかも1000枚足りず・・

また印刷屋さんに発注しなければ

昨晩は福島ご出身の方や福島から避難されてきた方々が集う「石川結の会」

のクリスマスパーティーに参加

単身で福島に残っているお父さんもいらっしゃって、「復興ってなんなのか?

最近よく周囲と話しをする。道路ができたり見た目が戻れば復興なのではない。

簡単に復興と言う言葉を口にできない。」という言葉を聴いて、福島をこの目で

見て来なければならないと痛感しました

最後は福島弁で紙芝居

こどもたちも釘づけでした

さかのぼって金曜日の晩は「どいね☆原発」今年最後

選挙後、そして今年最後とあってか80名ほどが金沢駅前に集結

歌やスピーチが続きました

考えてみれば、暑かった7月に北電前から始まり、今や26回目

実行委員で参加して、いろんな議論を実行に移し、反省してはまた実行

ということを繰り返しながらやってきました

いろんな評価やアドバイスも受けながら、なにを目指すのか、なにが正解

なのか、正解があるのか、どうしたら大きくなるのか、楽しくなるのか

これでいいのか、いろいろ戸惑い悩みましたが、それでいいんだと思います

だって、今までの政党や団体が主体になったものではなく、国民一人ひとり

が集まってやってる初めての試みなんですから

みんなが主体で考え行動する

実践の場です

来年は1月4日も休みなく行います

ぜひ、みなさんもいらっしゃってください

今年も本日を残すのみとなりましたが、振り返るといろいろあった1年

いつでもそうなのですがね

どいね☆原発への参加、体外受精、議員になってはじめての総選挙と初めてのことも多く

学びの多い年でもありました

生活相談もたくさんありましたが、一人でなんとかできるようになってきましたし、

議会でも「議員らしくなってきた(いい意味で)」と言われることが増えました

総選挙では悔しい結果

小選挙区制度の弊害とは言え、これ以上国民の意思に反する政府に

ならないよう参議院選挙ではもっとがんばらなきゃ

そのために、連帯、協力、外部からの意見、新しいアイテム・人材の活用

いろんなことに挑戦しなければと思っています

共産党はいいこと言うけどここをこうしたほうがいい!

そんなご意見もどしどしお寄せください

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
Copyright © 2010 - 2018 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ All Right Reserved.