ブログみよみよ日記

かなざわをかんがえよう開催

カテゴリー:

先日もスーさんと宣伝

消費税や原発、TPPについて訴えました

春はみなさんの生活が変わるためか、ここのところ生活相談や地域の相談

など相談が多く、先週は5件ほど兼ねてあっち行ったりこっち行ったりを

していました

ただ、現場で直接お話を聴きながら、行政を通して問題解決をする過程は

非常に勉強になります

みなさんも、困っていることや市政へのご要望などありましたら、お声かけくださいね

→tel:076−220−2407(市役所内共産党市議団控え室)

昨日の午前中は医療生協の地域班の総会。午前中は、介護保険制度の、

今年度改訂部分についての学習会

さくらまちケアセンターの方に来ていただき、わかりやすくお話を伺いました

今年度から介護保険料があがるほか、サービスの費用換算に地域区分が導入され

今まで1単位10円だったものが、10円以上にあがります

そして、介護職の処遇改善が今年度も続けられることになりましたが、

なんと利用者さんのサービス料に転嫁しているんですね

サービスについても、ヘルパーさんの利用時間や通所系サービスの時間短縮が

盛り込まれています

以上のことは、各々の介護関係機関や働く方々が決めたり行うということではなく、

むしろ現場の方は利用者さんに少しでも安くいいサービスを提供しようとしている

と思います。私が言っているのはあくまでも、制度上の改訂のことです

そして、金沢市の言い分もそうですが、現在の介護保険制度は「受給者が増えたり、施設増設

などをするとどうしても、受給者に負担をお願いせざるをえなくなる」っていうんです

けど、そもそも社会保障ってそんな考え方ではなく、「助けが必要な方はどんな場合でも助けなきゃ

いけない」っていうものだと思います。今の制度システムでは、民間の保険と変わりません

午後は、先日から宣伝してきました「かなざわをかんがえよう」を開催

まだまだ周知不足のためか15名ほどの参加でしたが、今年度予算のご説明を

させていただき、その後はフリートークを行いました

その中で、出た主なご意見は・・・

○耐震化と学校の統廃合どうなるのか

○金沢市所有の空いているテナントが多いのに、なぜ新たなビルを建てるのか

○雪かきや屋根の雪下ろしを高齢者ができないが支援制度も周知されてない

○町会内で除雪費用を貯めているが、いざ使うと多額なのでなかなか使えない

○ふらっとバスのルートを兼六園下からも増やせないか

○日本人の生活スタイルを見直すことも必要ではないか

○自民党の分裂はどうなっているのか

など、金沢をどおしていくのか、また地域の身近な問題など多くのご意見や疑問が出ました

お忙しい中お越しいただいたみなさんありがとうございました

また、今後も継続していきますので、どなたでもぜひご参加くださいね

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
© 2010 - 2021 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ