ブログみよみよ日記

そりゃ怒るわよ

カテゴリー:

今日初めて加賀万歳をリアルで見ました

旧町名がたくさん出てくる「町尽くし」や「七福神」など、

表情、合いの手、動きが、粋でゆかいでなんとも言えない楽しい

舞台でした

余談ですが、左の方はかつて甲子園球児だったそうです

加賀万歳は、加賀万歳保存会の方々が継承されているのだそうです

このよき伝統芸能が無くならないようにしたいですね

民生委員さんの舞もありました

とてもアマチュアとは思えないすばらしい演技でした

ところで、なにをしてきたかたというと

味噌蔵地区社会福祉協議会と民生委員児童委員協議会合同の新年会

にもお呼びいただいたのです

日頃、地域のために献身的にがんばっていらっしゃる民生委員の

みなさんにねぎらいの言葉をかけさせていただきました

孤独死、生活保護、いじめ、介護、防災など多岐にわたって地域住民

からの相談に応じるみなさんには頭の下がる思いです

ただし、最近では個人情報保護との兼ね合いが難しいそうで、

今後の課題かと思います

ただ、個人情報を知らせないから良いとか悪いとかでは先に進まない

ので、その現状に即した対策を立てる必要があるのだと思います

本当なら、個人情報を職権として知ることができる公務員が

地域住民の声に応じることができるのが、私的には理想ですがね

本日の午後は、「特養老人ホーム待機者家族の会」のみなさんや

介護現場で働くみなさんと懇談

12月議会で、会派保守の議員が「待機者調査を見ても緊急性のある方は

1460名ではなく250名ほどであり、有料老人ホームも増えているし

施設の増設は慎重に行ったほうがいいのではないか」

というようなことを質問したのです

この見方に、日々介護におわれる当事者は怒り心頭

しかしこれは、質問したこの議員だけの意見ではなく行政がそのような

考え方に導きたいということの表れなのではないかという見方があります

冷静に対応しなくてはならない

国の調査では42万人、金沢市でも1600人の特養老人ホーム待機者

がいると言われています

その数字を少なく見積もり、公的に施設を増やす方針はなくし、

あとは民間の有料老人ホームの増設に任せるという

無責任なやり方です

たしかに有料老人ホームは増えている

しかし、基本料のほか、何をするにもお金がかかるため

割と元気でお金のある方でないと入れない

または競争原理の中、施設サービスは劣悪なものになっている

ところもあると聴きます

市長は公約で「特養の待機者を解消する」と宣言しています

市長が宣言するからには、民間の競争原理に任せるのではなく

公的な目の行き届く、質の高い介護が提供できる施設で

あるべきです

介護保険を払い続けてきてもいざとなったら入る施設もない

そんなのおかしい

受けたいサービスを受け入りたい施設にはいる

それがまずは介護保険制度の目指したところではなかったのか

特養老人ホーム待機者の一刻もはやい解消を目指してがんばります

最後に、うっかり名刺を切らしてしまったので急きょ自分で作成

ご意見、ご感想などあればどうぞ

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
Copyright © 2010 - 2018 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ All Right Reserved.