ブログみよみよ日記

6月議会開幕です!

カテゴリー:

今日は実家の西大桑で朝宣伝

7月の参議院選挙に向けての訴えと金沢市議会6月議会に

ついてご報告

アベノミクスは株価は上がっても実体経済であるわたしたちのくらしには

なんら恩恵もなく、むしろ円安で大変だったという声も

そしてこのまま大企業いいなりの規制緩和がすすめば、正職員も

非正規化、解雇は自由、残業しても残業代がつかないなど

はたらく環境、給料、労働者の生活を壊すことに

そしてこの先待ち受けているのは、消費税増税と社会保障改悪

日本共産党は、消費税増税に頼らずに、大企業の内部留保を

労働者の賃金にまわさせ、税金は大企業・資産家などとるべきところ

からとる、公共事業も大型の不要不急ではなく、地域密着型のもので

中小零細企業が参加できるものへの転換

そのことで地域経済をうるおし、社会保障の財源もまかなうことを

提案しています

原発も福島事故はタンクから水漏れ、汚染水の貯蔵場所もなくなっており、

収束とは程遠い状況、16万人もの方がいまだに避難生活を余儀なく

されているのです

なのに政府は再稼働や輸出まで言い出す始末

どうかしてます

自然エネルギーへの転換で地域の雇用も増やしながら原発は廃炉

日本共産党は提案しています

TPPも農業だけでなく、医療や地場産業も壊すもの

交渉参加撤回を訴えてます

そして、憲法。戦時中から戦争反対を貫いてきた共産党ですから

9条を守るため、そして基本的人権、表現の自由など守るため

96条変えさせません

6月10日から、金沢市議会6月議会がはじまりました

今議会は、6億3400万円の補正予算と8億6000万円もの

職員給与削減についての議会です

市長は、所信表明でアベノミクスを好意的にみています

公共事業の発注は増えたものの、市民のくらしや負担は変わらず

子育てや福祉面への支援はついていません

また、場外車券売り場設置の同意書へ捺印したことへの責任も

未だ果たしていないまま

市民目線で、追求していきます

わたしの質問は、18日(火)の14:10からです。

ぜひ傍聴にお越しください^^

質問内容は・・

?アベノミクスと本市経済について

?憲法と大阪市長の慰安婦発言について

?競輪場外車券売場設置に関わる同意書について

?生活保護基準切り下げについて

?保育所の待機児童について

?公園整備について

?原発について

19日、20日も共産党市議の質問が続きます

ぜひお越しください

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
Copyright © 2010 - 2018 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ All Right Reserved.