ブログみよみよ日記

師走にしっかりもの申す。

カテゴリー:

IMG_0283

 

 師走ですね。

安倍首相の暴走もここぞとばかりに拍車がかかってます。

韓国軍に銃弾1万発、だめでしょう。

南スーダン派遣団(UNMISS)に参加している韓国軍に陸上自衛隊の小銃弾1万発

を提供したというもの。

今回のように自衛隊の弾薬が他国に提供されるのは初めてのことです。

あきらかに、紛争国に武器を輸出してはならないという「武器輸出三原則」に違反。

政府はPKO協力法に基づく緊急措置であり、例外措置だとしていますが、

政府はこれまで『国際機関からの要請があっても武器・弾薬は提供しない』と

言っていますし、政府が「人道上の緊急事態であり、一刻を争った」と説明しているの

に対し、韓国の国防省は「銃弾は不足していた訳ではなく、不測の事態に備えて提供を

受けた」とするなど、説明には食い違いもみられます。

武器輸出三原則をなくすための先取りにほかなりません。

一方、安保理議長国フランスのアロー国連大使は、報道機関向け声明を発表し、

国連南スーダン派遣団(UNMISS)の兵士や住民が犠牲になっていることを非難。

紛争の当事者らに対し、対話を通じて平和的解決を目指すよう求めました。

赤旗の記事で詳しくどうぞ

 

あとは、沖縄辺野古の米軍基地建設・・

仲井間知事が明日にも可否を判断するとのこと。

抗議行動が続いています。→赤旗記事

 

そして今日、安倍首相の靖国神社参拝・・

共産党の志位委員長は、記者会見で、「第1次安倍内閣で安倍総理大臣は靖国神社に参

拝せず、一定の分別を働かせたが、今度はそれもかなぐり捨て、歴史に逆行する本性を

あらわにした。中国、韓国との外交の行き詰まりが一層、深刻になるだけでなく、第2

次世界大戦後の国際秩序に対する挑戦という点ではアメリカも含めて支持しない。

いわば世界全体を敵に回す行動だ」と述べました。

各党の態度

国民とのねじれが広まるばかり。支持率も急降下です。

暴走から破綻へ

 

でも、「わたしら庶民には関係ない」と思っているあなた!

アベノミクスの暴走は、これからも続々とやってきます。

2014年度の政府予算案が発表をされました。

歳入については、大企業に奉仕。

消費税率を来年4月から8%に引き上げます。国民の負担増は8兆円にのぼります。

一方、大企業に対しては、復興特別法人税を1年前倒しして廃止。1兆円の負担減。

歳出では、命と暮らしを支える予算を削減し、またも大企業に奉仕する姿勢。

消費税収5兆円のうち、社会保障「充実」に充てるのはわずか5000億円。

逆に、社会保障費の自然増は、概算要求の1兆円から、診療報酬の実質マイナスや

生活保護の抑制などで6000億円に抑え込みました。

年金、生活保護の削減に加えて、70~74歳のお年寄りの医療費窓口負担は、現行の

1割から2割に増やします。新しく70歳になったお年寄りから適用します。

さらに詳しくはこちら→またも赤旗・表付き

これは全て、県市町村を通しておりてきます。

つまり、石川県や金沢市がどれだけみなさんをこの暴走から守れるかが問われます。

まずは市民・県民の実態を見ればこんなことするな!と言わねばなりませんし、

決まっても、県民・市民の生活を守る責任があります。

しかし、県や市の公務員もあきれる(人もいる)くらいの内容ですので大変。

国の段階でなんとかストップさせていきましょう!

1543525_481702915284622_1101785462_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんていうことを、昨日は議会報告でお話させていただきました。

みなさん来ていただきありがとう!

IMG_0272

 

 そして、国がすすめる子ども・子育て新制度から金沢市の保育を守るため

保育士さんや保護者さんたちと市長に直接交渉。

3614筆もの署名も提出しました。

1508318_481702825284631_1534409272_n

 

 石川県の原子力防災訓練についての申し入れも行いました。

志賀原発の再稼働にしても訓練にしても、ほとんど国任せ。

原発に体して主体性がもてない時点で再稼働させようなんてナンセンス。

記事もご覧ください。

赤旗(東海北陸信越)2013.12.26

 

 これから、県知事選、市長選、一斉地方選挙と続きます。

県知事選では、現職と県民の会・木村よしのぶさん、そして現県議・川さんが名乗りを

あげました。

今度こそ見極めてほしいと思います。

その材料としては、これまで住民と取り組んできたことや、議会での態度、これからの

政策、しかもこんな国の大暴走に対してどんなスタンスなのかが問われます。

 

「どうせ変わらない」と言って投票もしなければ簡単ですが

変えようとしてみませんか。変えるためになにができるか。

まずは知ること。議会にいると情報って全然知られていないし、知らすのが

むずかしいな~と感じます。わたしは、市議会のこと精一杯みなさまにお伝えして

いきたいと思います。

そしてグローバルな情報に関しては、今回多用しました赤旗の記事がおすすめです。

わたしはいつも3,4紙の新聞を読んでいますが、たいがいは事実と記者の見解

が書かれていますが、本質を突いていたり、国民への影響まで書いてあるのは

赤旗がピカイチです。

今、購読おすすめ月刊(いつでも)ですので、ぜひお読みいただければ幸いです。

→赤旗購読ページ

これから、一段と寒くなりますが、みなさんくれぐれもお身体ご自愛ください。

一緒にがんばりましょう!

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
Copyright © 2010 - 2018 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ All Right Reserved.