ブログみよみよ日記

集団的自衛権行使容認閣議決定。

カテゴリー:

518
7月1日、ついに集団的自衛権行使容認が閣議決定したとの報道。

うーーー、信じられない。ついに来たか。

これまでも動いてきたけどもなにかしなければ!ということで、昨日は署名と宣伝。

517
でもねえ、そこでわかりましたが、反対している方はとっくにしてるし、ほとんどの方は

わからないままだということ。

たまに明確に「賛成よ!」という方もいらっしゃいますが、理由は「中国や韓国にばかに

されたくないでしょ!」って・・

議論がつくされていないってことですね。

 

そこでちょっと考えをまとめてみました。

 

これまで政府が、国民が、変えて来なかった自衛権の国外持ち出しをこんなにあっさり、

国会での議論でもなく一部の方々の閣議だけで決めてしまうなんて。

まずは、議論の仕方が問題です!

しかも決定した内容は、憲法9条の解釈を変更するもの。

解釈の変更がこんなに簡単にできるなら憲法なんていらないじゃないという話になる。

憲法はそんな軽いものではないのです。いわばこの国の背骨。ちょっと骨ひとつ折っても

いい?ってわけにいかんのです。

しかも首相はじめ議員や公務員は憲法を守らなければならない立場であることからして、

とんでもない行為なわけです。

よって、憲法をないがしろにしたといことが問題です!

 

もちろん内容もひどい。

限定的とか言いながら、時の政府の解釈でどうにもなるんです。

そして日本人が危ういときと言いますが、自分たちのピンチのときだけ他国に加担して

もらって、他国が危ういときしらんぷりっなんてことはふつうできない。

つまり、他国のもめごとにも巻き込まれること承知でしょう。

すでにNATOなどでは関係ない国の軍隊が巻き込まれて死者が出ているんです。

第一、首相が示した事案は机上の空論だと言われています。

 

でも、アメリカと一緒に世界へ出て国際的地位を高めたい!という方がいるようです。

アメリカはすでにイラクの大量破壊兵器のでっちあげで国際的な信頼失っているし、

むしろ日本は唯一の被爆国として憲法9条をもち、世界平和を導く役割をもっていたし

信頼されてきたのではないでしょうか。

今回で、ついに日本も武器をもって外に出るのね!しかも自分とこの憲法を解釈だけで

簡単に変えちゃって大丈夫?と思われてるのではないでしょうか。

 

中国や韓国云々言うけれど、経済的にもやりとりがあって、金沢なんて観光にたくさん

来ていただいて姉妹都市まで結んでいるのに、戦争したってなんのお互いになんの得が

あるのでしょうか。

それとも、それ以上に得する人たちがいるのでしょうか。

武器や戦車、弾薬を売ったりつくったりする企業?アメリカの軍事費肩代わり?

 

 

そして今日、わたしの思いをたしかにしたのは友人のこんな言葉。

自衛隊員を夫にもつ友人。

「首相は勝手になんでもできるの!?もっと、現場や国民の声を聴いてほしい!

自分の夫が戦地にいくなんて、考えただけでも恐ろしい。でも考えなくては

いけないのだ。」

ついに自分の身近な誰かが戦地へ行って人を殺めたり危険にさらされたりする可能性

があるんだと実感。涙が出ました。

 

絶対に、この閣議決定は許さない。取り消しを訴えてがんばります。

そして万が一、すすんでも多くの法整備が待ち受けています。

市民のみなさんと学び話して、日本のすすむべき道を一緒に考えていきたいと思います。

共産党の声明もぜひご覧ください→ホームページ

 

 

 

 

 

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
© 2010 - 2020 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ