ブログみよみよ日記

ごみ有料化の説明会が始まっています!

カテゴリー:

宣伝
あくまでも、「ごみ有料化」導入反対でがんばる私です。

去年の3月に市長から突然「ごみ有料化」が提案されて1年。

市民にも理解は得られず、議会の中でも「説明が足りない」「市民の理解が必要」

との意見が出ました。

金沢市は、有料化に時間と労力を割くよりも、減量化や資源化をすすめるために市民とと

もにできることを考えたほうが建設的なのは言うまでもありません。

が、国が方向性示し、金沢市の行革でも出されたこの事案です。

 金沢市も今年度また有料化をやろうと必死です。

240万円の説明予算、3人も職員増員しています・・

そして、はじまった説明会。

まずは、「まちづくりミーティング」という、本来は1年に数か所のブロックで行うとこ

ろ、全ブロックで計画立てています。

しかも、これまではあった議員へのお知らせがないんですけど・・

知らせたくなかったのですか・・

記者には教えているのになぜ??

しかも、町会役員をしていても、ぎりぎりにお知らせが届いたという声もあります。

ちなみに、うちの町会は元々年に1度の総会が予定されていたので、どなたも行けません

でした。

まちづくりミーティング案内

なんだか、年度当初から、強引ですな。

まず第一回目の報道によると・・

201604ごみ記事
条件ややり方の問題で質問が出たということですが、翌日の玉川図書館で開催したとき

は、反対の意見が相次いだそうです(参加者談)が、新聞報道はされませんでした。

そして、この記事に載っている言葉でいつもひっかかる、市長の「将来世代の負担を軽減

するために(有料化に)取り組んでいきたい」という言葉。

これに、説得力を感じる方いるんでしょうか。

なぜなら、すでにお知らせしてきましたが、第二庁舎建設で64億円を使おうとし、しか

もその半分はまだ使える議会棟を残しながらの新たな議会棟を含んでいるんです!

そして、市民の方はあまり使わないであろう地下道に8億4千万円。

これはすべて市民の税金です。

今の世代はもちろん、これからの世代も維持管理、債務など払っていかなければなりませ

ん。

これで、なんで「将来のため」なんて言えるのでしょうか・・

 そして議員に至っては、議員報酬の引き上げです。

 もともと中核市45市中5位だったのに、月額3万円引き上げて70万円になりまし

た。

これで、なんで「将来のため」なんて言えるのでしょうか・・

 

これから残りのまちづくりミーティングと、全1300町会に説明が入ります。

ぜひみなさん、積極的に参加して率直なご意見を言っていただきたいと思います。

わたしも議会で、そして署名あつめを引き続きがんばります!

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
© 2010 - 2020 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ