ブログみよみよ日記

学童保育の充実を!

カテゴリー:

5月23日の夜は、金沢市学童保育連絡協議会の総会に参加。

保護者のみなさんや指導員のみなさんが、仕事終わりの中、昨年度のまとめを確認し、今年度の方針について議論をされました。

わたしは顧問をさせていただいているので、以下のようにご挨拶。

いつもありがとうございます。
金沢市連協で顧問をさせていただいたおります、金沢市議会議員の広田みよです。
私自身も小学生時代に風の子保育園という学童放生に6年間過ごさせていただき、重要な人生経験をしました。その経験もありつつ、子ども立ちの放課後の生活を豊かにする大事な施設として、議員になってからもみなさんとともに、学童保育全体の拡充を求めて取り組んでいます

さて、今年度の学童保育の状況については、5月に議会に報告がありました。
クラブ数は昨年と同じで95か所でスタートしましたが、人数は5000名を超える5039名となっています。しかも、待機児童が発生し、入りたくても入れない子どもたちが発生していることも見過ごせません。金沢市は調査の結果19名としていますが、これは、保育所のような詳細な調査はしていませんので、実態を表した数字ではありません。もっと多いのではないでしょうか。しかも95クラブ中、定員超過しているクラブが3つあり、分割の目安となっている70名越えが20か所もあります。

今年も新設や分割を市は支援していくとしていますが、保護者や地域が施設の設置場所や指導員を捜すのは困難です。民設民営を基本とする金沢市ですが、自治体としての責任がありますので、地域や保護者まかせではなく、市が積極的に取り組むよう求める必要がありますし、国や県も含めて、運営費の拡充や指導員の処遇改善、保護者の負担軽減を求めて、みなさんとともにがんばります。

 

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
Copyright © 2010 - 2018 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ All Right Reserved.