ブログみよみよ日記

どうなる市立病院?!

カテゴリー:

市立病院のあり方検討会。‬
「金沢市立病院は、建築後30年あまりが経過し、特に設備面での老朽化が進んでいることから、少子高齢化や人口減少など医療を取り巻く状況の変化を踏まえ、市立病院が今後どうあるべきか、様々な視点から検討を行うものです。 」として、立ち上げられました。

しかし、その背景には国がすすめる地域医療構想で、医療費削減を大命題に、病院の統廃合や別途数の削減を進める動きがあります。

市民のために尽力している公立病院であり、不採算ながらも結核などの医療を担う責任のある大切な病院です。注意して見ていかなければなりません。

‪求めてきた資料がようやくホームページ上で公開され、今後は議事録も載せられることになりました。ぜひご覧ください。

市立病院の今後のあり方検討会

次回は11月に開催予定ですが、それも公開の方向です。‬ ぜひ傍聴に行きましょう。

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
© 2010 - 2019 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ