ブログみよみよ日記

学童保育をよくするために。

11月25日は、金沢市学童保育連絡協議会のみなさんが、金沢市役所にて、金沢市に要望と懇談を行いました。

保護者や指導員から、現場の実態や課題への対策を求める声がたくさん出されました。

とくに、金沢市は民設民営が多いのですが、その中でも古い民家を使っている場合があり、耐震化もされていないなど、保護者は心配だがなかなか解決されないという課題があります。

それについて、委託されている事業者ともっと緊密に対策をとってほしい、対策がとれるように予算面でも補助を創設してほしい、といった具体的提案もされました。

また、指導員さんの賃金が少ないといったこと、それと関連してなり手がいないという問題も出されました。

要望書には、それら含め具体的に出されていますのでご覧ください。

市のほうは、民設民営の方針は変えるつもりはないとか、事業者にまずは要望を言ってほしいなど、冷たい態度もみられました。が、事業の実施責任は市にもあり、安全安心な学童保育にしていく立場であることは明白です。

一方で、この金沢市学童保育連絡協議会の数十年という積み重ねの結果、拡充もしてきました。

引き続き、保護者や指導員のみなさんとともに、子どもたちも保護者安心して利用できる学童保育にするためにがんばります。

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
JCPサポーター
© 2010 - 2022 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ