ブログみよみよ日記

涼しくなりましたね。

カテゴリー:

 ちょっとご無沙汰してしまいました。

 今日は、朝宣伝の日。

 今週はいつもの訴えに加えて、「法人税減税」についても訴えてみました。

 「法人税減税(法人税率引き下げ)」。参議院選挙のとき、民主党が「法人税を下げて、消費税を上げる」

 と言っていたのを覚えていますか?

 いまだに言っていますけれども・・・

 この「法人税減税」、本当にこの不況を打開する役に立つのでしょうか?

 共産党は、2つの視点から反論しています。

 ?中小企業に恩恵はない。

 実は・・・法人税というのは、利益がでている企業が払うものであり、不況で苦しむ

 赤字の中小企業は払わなくていいのです。

 ということは、法人税率を引き下げても得するのは利益が出ている大企業

 だけで、中小企業の経営改善の役には立ちません。

 ?大企業はもっとためこむ。

 仮に法人税を5%引き下げた場合の試算をすると次のようになります。

 NTTドコモ440億円、トヨタ自動車430億円、キャノン190億円

 税金を払わなくてすみます。

 この多額のお金を、雇用や設備投資に使えばいいのですがそうはいきません。

 大企業のこの1年でためこんだ利益(内部留保)は、233兆円→244兆円!!

 労働者には全然還元されていないのです!

 しかも、法人税率はどんどん引き下げられてきており、89年度30兆円国におさめられて

 いたのが、今や11兆円と激減!

 「減った税収は消費税増税で」というのが菅首相の方針です。

 これで経済がよくなると言えますか?

 共産党は、中小企業の法人税をもっと下げること、大企業がもうけた分をもっと多くの法人税で

 還元すること、内部留保を労働者や経済に還元することを訴えています。

 みなさんも、うっかり「消費税あげてもしょうがないよね」なんて思ってしまわずに、

 一緒に考えましょう。

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
© 2010 - 2019 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ