ブログみよみよ日記

みよみよ通信vol2

カテゴリー:

今日は暑かったですね

市役所前も、真っ青な空に緑が輝いていました

そんな中、出勤

みよみよ通信が届いていました

早速今日から配ります

今日は朝から、風邪の間溜まったもろもろを済ませ、昼食と思ったら

生活相談が入り

「生活保護を受けているんだけども、電気が壊れて買ったら今月しのげなくなった」

生保と言えども、結構かつかつですもんね

終えてそのまま、議会報告会へ

私の議会質問の報告を行ったあと、地域のみなさんからいろんなお声を

いただきました

○いざ、災害が起きたらどこへ避難したらいいかわからない

○これだけの避難所で市民みんな収容できるのか

○民間企業も協力機関となっているが、夜は閉まっているし

いざという時使えるのか?

などなど、防災についての不安や心配のお声をいただきました

また、国民健康保険や年金などについても話し合いました。

私も全て答えられるわけではなく、勉強不足を痛感しました

国保についても、議員になり加入して初めて見えてきたこともたくさん。

自分で加入しないと誰も教えてくれないとか・・・

国民年金もそうです。

お昼ごはん代わりに、岩手のおみやげをいただきました!

議会報告のあとは、役所へ戻り生活相談

派遣会社に金沢での仕事を紹介されて来たはいいけど、

結局仕事もなく辞めて生活苦に陥った若い世代。

社会福祉協議会の貸付制度はあるけど、どっちみち返さなきゃいけない。

自立支援にはなるけど、借金には間違いない。

すぐに仕事が見つからないという現実もあるし。

でも、みなさん「がんばりたい」という想いは強いんです。

なんとか支援したいという思いで生活相談にのってます。

でもほんと、人の一生を左右する大事な業務。

生活支援課の方は毎日毎日、この大変で重要な役割をこなしている

わけですが、なんと1人あたり100人近くの方を担当している実態

市民・福祉常任委員会でそのこと追求しましたが、「全国的にもそんなもの」

とか・・・でも人の一生を左右する支援技術はそんなもんじゃないはず。

しっかり一人ひとりに関われるように、制度自体の意味を学べるような余裕

をもった体制づくりが重要ではないかと思います。

職員さんのこころも心配ですし

がんばろっ

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
Copyright © 2010 - 2018 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ All Right Reserved.