ブログみよみよ日記

消費税増税でどうなるくらし。

カテゴリー:

186 187

                       写真 by うおずみ

昨日は毎週金曜日おなじみのどいね☆げんぱつ。

寒い中でしたが、30名ほど参加。

駅行く方にも、「寒い中おつかれさま!」と声をかけていただける

ようになりました。

関心が高まってきたのかしら?

マスコミでほとんど報道されないですからね。

こうやって地道に行うことの重要性を感じます。

引き続きがんばります!

 

そして、今日はどいね☆げんぱつ月イチデモ。

188

 

着物で参加してみました!

本日も、沿道から声援が多くてびっくり。

都知事選で盛り上がっているからでしょうか。

石川県でも知事選の争点のひとつですからね、しっかり訴えていきた

いと思います!

ご覧ください→どいね☆げんぱつのブログ

 

さてさて、4月から予定されている消費税増税が迫ってきました。

ちまたでは、2月から値上げなどはじまっていますし、

住宅のかけこみ需要などで、現場では人手が足りません。

そして、金沢市がつかさどるものでも影響額が発表されて

きております。

 賃金や売り上げがあがっている方はほとんどいない中、社会保障よ
 
も 大企業減税や経費に多くが使われる消費税が、今でさえ大変な市民
 
の 暮らしにのしかかってくるのはなんとも解せません。
 
今、わかっているところで以下のようなものがあります。
 
●給食費
 
小学校:300円引き上げで4700円/月
 
中学校:500円引き上げで5700円/月
 
※副食の充実も併せて行うとのことです。
 
 
●公共料金
 
都市ガス:168円引き上げで6069円(21m3/月使用)
 
水道:68円引き上げで2451円(20m3/月使用)
 
下水道:72円引き上げで2602円(20m3/月使用)
 
※影響総額は5億8千万円で、消費税改訂にかかる経費は
 
 
1千185万円。
 
詳しく調べたのはこれだけですが、他にも市政にそして県政に
 
係わる多くの引き上げが予想されます。
 
「消費税あげるの仕方ない」と言うのは簡単ですが、わたしたちの
 
くらし一つ一つにどれだけ転嫁されるのか、それでくらしは成り立
 
のか、その視点で考えることが重要ではないでしょうか。
 
民間のものでは、新聞代や買い物すればすべて、電気代、などなど。
 
ただでさえ、わたしのところにも毎日のように生活相談が舞い込んで
 
くる状態なのに、消費税があがったらわたしたちのくらしがどうなる
 
のか本当に心配です。
 
政権与党は考え直すべき!

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
Copyright © 2010 - 2018 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ All Right Reserved.