ブログみよみよ日記

後期高齢者医療制度の保険料徴収について。

カテゴリー:

20161228151503_00001

厚生労働省が開発したシステムにおいて、後期高齢者医療制度の保険料計算システムに誤

りがあり、払いすぎた人には返金を、払い足りなかった人には返せ、ということが今後市

町村レベルで行われる予定です。

全国で2万人、金沢では規模の割合から80~100人と推定されます。

しかし、H23に一部の自治体から問い合わせがあり、厚生労働省はシステムの異変に気

づいていたのにも関わらず、全国に連絡もせず5年が経過し、今になって返せとは、法的

にはつじつまがあうと厚生労働省は言いますが、道義的には許されません。

年金は減らされ、医療や介護の自己負担は増え、さらにはミスのつけまでも。しかも昨日

今日起こったことではなく、5年も前に気づいていたのにどうして・・

というのが国民の本音ではないでしょうか。

国には、国民の生活実態に応じて責任ある対応を求めたいと思います。

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
Copyright © 2010 - 2018 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ All Right Reserved.