ブログみよみよ日記

保育園の利用調整について

カテゴリー:

20170208162104_00006

昨日の市民福祉常任委員会で、質問したことをまとめます。

 

保育所問題について

 

保育所への1次申し込みの結果が出されました。

 12271名の方が利用内定をもらうことができましたが、

 391名の方が内定もらえず、「再調整」となります。

 また122名の方が、「申請却下」とご報告がありましたけれど、

 転居など金沢での保育が必要なくなったという明確な理由のほか、「就活をやめた方」と

いう理由もありました。希望の保育所入所が叶わなかったので就活をやめた方もいるので

はないでしょうか。

 

やはり、第1希望の保育園に入れることが誰もの願いです。

 

自宅の近くや職場の近くなど希望する保育園に入れるよう、対策を求めました。

 

これから391名の方は、空いている園などを市から聞き、2次申し込みとなるわけです

が、昨年の再調整308名の方についても調整がつかず、2次申し込みの結果51名が個

別相談となっています。あきらめた方や、待機するという方が含まれています。

 

今回、昨年より多い、391名が再調整ですから、これからが本当に心配です。

 

国のしめす基準では「待機児」にはカウントしませんが、やはり現に保育園に入れない方

が存在します。

 

増設など足りない地域への対策を求めました。

 

担当課からは、「審議会で協議していきたい」と前向きな答弁でした。

 

あと補足ですが、やはり保育士さんが足りず、もっと子どもを受け入れたいけど受け入れ

 られないという園もあります。

 

保育士さんが安心して働き続けられるよう、賃金の引き上げも急務です。

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
Copyright © 2010 - 2018 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ All Right Reserved.