ブログみよみよ日記

12月議会はじまりました!

カテゴリー:

12月8日、12月市議会はじまりました!

今回は23年度補正予算がメインですが、市長就任1年経ったということで

そこらのことも議論になりそうです

今は休会中で15日の一般質問に向け、調査と原稿を書く毎日です

こんな情勢ですから、言いたいこと山ほどですが、今回は以下のテーマです

○若者の雇用について

若者の就職難、非正規の方が多い実態について金沢ではどのように

実態把握・支援しているのか。

また労働相談から見えてきたことで、企業側への介入や学生への

働くうえでの権利教育をしているのかどうか。など。

○国民健康保険について

平成25年度からの旧ただし書き方式について、今でさえ払えない方が

いる状況でそんなことしてどうするんだ

滞納問題、資格証明書発行について

○子育て支援について

新システムに対して金沢市の考えは?

保育園、幼稚園完全給食になぜしない?

子どもの医療費、来年の予算で期待してますが。

というようなことをずばっと質問できたらいいな。じゃなくてやらなきゃ

それにしても、市長の提案説明あんまりだったな。

まずはじめに「市政はおおむね順調な進展を見ることができ・・」って何をさして?

「原子力の安全性が国内外で問われ・・」「安全こそ最大の福祉である」って

じゃあ、志賀原発、放射能問題どうするんですか?

市長は国待ちとしか言ってない・・

がれきの受け入れは、県と連携してその可能性を探るとのこと。

あとは、公共事業、無線LAN、台湾交流、新幹線、金沢駅周辺整備、金沢港、トンネル

、シティフルマラソン、鈴木大拙館と景気のいい話をたっぷり行い、

来年度予算の編成については、「社会保障費や公債費の増加に伴い、国や地方の

財政は極めて厳しい状況を余儀なくされておりますが、いかに厳しくとも市政に

逡巡は許されません」て・・・

国が社会保障をだめにしといて、地方への交付金も削られ、さらに地域主権

つってお金ももらえず責任だけ押しつけられてるのに、市政は立ち止まっては

おれん!てね。

その、猛スピードの列車から何人の方が振り落とされているか・・

今回市長の説明の中に、「市民が大変な状況で・・」とか「中小企業も疲弊して・・」

とかいう言葉がひとつもないのが本当に残念

最後に言うのはやっぱり「責任と誇りを持てる金沢」

誰が?市民が?市長が?行政が?

「市長が」「行政が」ならまだわかるけど、市民にそんな余力あるんでしょうか。

と辛口でしたが、議員たるもの、正々堂々議会で市民目線でがんばります

15日はおそらく13時半からです。

ぜひ傍聴にきてください

▲ このページの先頭にもどる

広田みよツィッターページ
広田みよフェイスブックページ
日本共産党中央委員会
日本共産党しんぶん赤旗
日本共産党石川県委員会
日本共産党金沢市議員団
日本共産党カクサン部
© 2010 - 2021 日本共産党 金沢市議員団 広田みよ